カラオケ好き必見!高い声を無理なく出す方法
ボーカル・声楽 ボーカル

カラオケ好き必見!高い声を無理なく出す方法

カラオケで歌いたい曲があっても、高い声が出せず歌えない、という経験はありませんか?歌う上で高音を出すことは、難しいものです。しかしながら、高音を出すためにはいくつかコツがあり、適切な方法を知ることで高音を安定して出すことができます。この記事では、誰でもできるカラオケでの高音の出し方についてご紹介します。歌いたい曲があっても、高い声が出せない方はぜひ読んでみてください。

STEP:1 歌う前にストレッチをする

カラオケで高音を出すためには、まず体を温めることが大切です。歌う前に腕や肩、首を軽くほぐすストレッチをすると、身体の柔軟性が高まります。具体的には、肩にグッと力を入れて持ち上げ、ストンと落とすを繰り返します。首を回したり、首筋を伸ばしたりするのも効果的です。また、深呼吸をすることで、呼吸が整い、高音を出しやすくなります。

歌う前にストレッチをする

STEP:2 喉を開くことを意識する

高音を出すためには、喉を開くことが大切です。イメージが掴めない場合は、あくびをしてみましょう。あくびをすると、自然と喉が開きます。この状態で歌うことが、無理なく高い声を出すコツです。また、歌う前にのどの渇きを感じたら、水分補給をすることも忘れずに。

喉を開くことを意識する

STEP:3 腹式呼吸を意識する

カラオケで高音を出すためには、腹式呼吸を意識することが重要です。腹式呼吸とは、図のように、お腹を膨らませて息を吸い、吐く時にお腹をへこませる呼吸法のことです。この呼吸法をすることで、より長く、大きな息を吸うことができ、高音を出しやすくなります。意識しなくてもできるようになるまで繰り返すことが重要です。

腹式呼吸を意識する

STEP:4 リップロールをする

高い声を出すためには、喉や口の筋肉を柔らかくすることが大切です。そこで、リップロールというエクササイズが効果的です。リップロールとは、唇を振動させることで、口の周りの筋肉を柔らかくするトレーニングです。

アーティストのLiSAさんも、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で「紅蓮華」を歌われる際、リップロールをしています。

STEP:5 実際に歌ってみる!

以上のポイントを実践することで、カラオケで高い声を出すことができるようになります。ただし、継続的に練習をすることが大切です。また、喉や体調に不調を感じた場合は無理をしないようにしましょう。楽しみながら、無理のない範囲で練習することが、高音を出すための秘訣です。

実際に歌ってみる!

©2024 All rights reserved. Howto MIKKE